「海の市民のパスポート」

世界の人口の約半数が沿岸から80km 以内に住んでいます。 海から離れて住む人たちにも海洋について関心を持ってもらいたいと思い、ワールド・オーシャン・ネットワークは、「ひとりひとりの思いやりが地球を守る」という理念に基づき、「海の市民」という制度を実施することにしました。

2004 年の「世界海の日」にNAUSICAAとワールド・オーシャン・ネットワークへ参加している組織が、「海の市民のパスポート」の発行をはじめました。

パスポートを持つ人々は、それぞれの活動を通じて「地球の海」を守ります。海の市民になると、パスポートに記載されている様々な取組みに参加できることができます。

そんな個々の活動が海を保護するための世界的な力になると思い、私たち中部日本潜水連盟も発行団体として協力しています。


●「海の市民のパスポート」についてのお問合せ下記へお願いします。
 NPO中部日本潜水連盟
 Mail:chubunipponsensuirenmei@gmail.com

 又は、Facebook:中部日本潜水連盟へお問い合わせください。
    
World Ocean Passport/ワールド・オーシャン・パスポート

ワールドオーシャンズデイの創生


●2002年 :Nausicaa 国際会議
 ワールド・オーシャン・ネットワークの活動計画(2002年11月年制定)

●2004年6月8日:ワールドオーシャンパスポート「世界海の日」発行スタート

1992年地球サミットでカナダ代表が提案した世界海の日ワールドオーシャンズデイが提唱し行われました。
しかしながら、その後広く受け入れられていなかったので、2002年のNausicaa(ナウシカ)国際会議後、ジャン・ミシェル・クストーとNAUSICAA専務理事フィリップ・ヴァレットを中心に組織されました。
国際的代表団が国連に公式に制定するように求め、その後、2008年に認定されました。
2009年より国連は正式にワールドオーシャンズデイをスタートしまた。という流れで今日に至る活動となっています。

  ************************************************* 

補則:環境と開発に関する国際連合会議

1992年 ブラジル連邦共和国のリオ・デ・ジャネイロ市にて開催。
持続可能な開発を旨とする「アジェンダ21」を採択
同年 持続可能な開発に関する世界首脳会議が開催された。この会議は後に「地球サミット」称される。
国際連合の加盟国や多くの非政府組織 (NGO)が参加し「持続可能な開発に関するヨハネスブルグ宣言」などを採択した。
2002年 10年を経て、リプラジルのオデジャネイロにて「環境と開発に関する国際連合会議」、一般に言う地球サミット(Earth Summit)が開催されました。
各国首脳の会でかけではなく環境と経済に関する各国のNGO(非政府組織)、市民団体から2400人が参加した 会議も行われました。(参照:ウィペディア:環境と開発に関する国際連合会議 より)
この会議では、環境と開発について取り決めがされつと共に、生物多様性が一般的に関心を集めること になった。
         World Ocean Passport/ワールド・オーシャン・パスポート


  

世界の海はひとつ

世界の海はひとつ
毎年6月8日はワールドオーシャンディです。
世界の海はひとつ:ワールドオーシャン
世界の海はかつてない苦難を味わっています。それは地球環境
の変化によるものです。地球上の生命が脅かされているのです。
この危機に瀕し、ワールドオーシャン・ネットワークのメンバーは
海人という称号をつくり対策に当たることを決意しました。
私たちは海と海洋資源を守り、子どもたちへ発展的な未来を
与えるよう努めることを提唱します。
海人のひとりひとりが、ワールドオーシャンの代表あり代弁者なのです。
海人のパスポートを持つこと、それが最初のステッブです。
この青い地球のため、貴方にもできることがあります、
一人一人の小さな力が60億人分集まれば、どれほ大きな
変化を起こせることでしょう。
ワールドオーシャン・ネットワークは世界中の教育・環境団体に加え、
水族館、科学館、博物館、各種団体、そしてNGOにも及んでいます。
これらの構成員は毎年2億人に達します。
ワールドオーシャン・ネットワークは、毎年6月8日を
ワールドオーシャンデーとしています。



(C)2004 World Ocean Network &NAUSI/Les edition ACCIMA
 AII rights r reserved / Printed in European Union/ISBN2-9510461-4-6
 

■ 中部日本潜水連盟では毎年6月8日の週の日曜日を海中と海岸の清掃日としています。
  毎年「クリーンアップ知多半島」を大野海岸から始めています。